妊婦の便秘に効果的なお茶ランキング

ここでは妊婦さんの便秘に効果的なお茶について詳しく書いています。

 

 

妊娠中の便秘で苦しんでいる方
お茶で便秘解消できたらいいな?と思っている方
薬に頼らずに、自然な感じで便秘解消したい方

 

そんな方の参考になれば幸いです。

 

 

するっと贅沢抹茶の特徴

・ノンカフェイン
・下剤成分ゼロ
・オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維、葉酸など妊婦さんのための成分が配合
・1日120円
・溶かして飲むだけ
・甘めの味
・食べ物に混ぜてアレンジできる
・無添加

価格 3,600円
評価 評価5
備考 定期購入で初回1袋2,550円
するっと贅沢抹茶の総評

すっきり贅沢抹茶は、妊婦さんに必要な成分がたっぷり入った抹茶です。甘めの味で、水や牛乳に混ぜて飲むだけで、つらいつまりが嘘のようにスッキリします。

 
 

するっと抹茶の特徴

・ノンカフェイン
・保存料、防腐剤、下剤成分ゼロ
・天然のビタミン、鉄分、カルシウム
・腸内の善玉菌と協力して特別な酸を作り出す
・食物繊維がセロリの28倍

価格 2,000円
評価 評価4.5
備考 初回限定キャンペーン価格で1,800円
するっと抹茶の総評

下剤成分が入っていないので妊婦さんでも安心して飲めるお茶です。するっと抹茶は腸内で酸を作り出し、それが弱い電流を発生させて腸を優しく刺激してくれます。それが自然な便意となってすっきりできるのです。

 
 

amoma マタニティブレンドの特徴

・ノンカフェイン
・下剤成分ゼロ
・100%オーガニック
・無香料・無着色
・1日3敗を目安に飲むことがおすすめ
・約90%の妊婦さんが実感
・妊娠出産読本プレゼント
・約1憶8,000万杯売り上げ突破

価格 1,999円
評価 評価4.5
備考 定期購入で1,899円 送料無料 いつでも解約可能
amoma マタニティブレンドの総評

妊婦さんの大きくの悩み、朝からすっきり出ない、足がむくむ、などの悩みのために英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が開発したノンカフェインのオーガニックハーブティーです。お腹の赤ちゃんにも安心して飲めるお茶です。

 
 

ごぼう茶の特徴

・ごぼうの皮ごとまるっと使用
・エイジングケアできるポリフェノールとナイアシン配合
・水溶性食物繊維「イヌリン」配合
・九州産100%
・妊婦さんにも必要な亜鉛や鉄分配合
・風味がよくておいしい
・残留農薬検査をクリア
・満足度96%
・ノンカフェイン

価格 3,510円
評価 評価4
備考 初回特別価格1,570円
ごぼう茶の総評

ノンカフェインで保存料、香料、着色料なしで、100%九州産のごぼうを使用しているので小さな子供から妊婦さん、高齢の方にも安心して飲めるゴボウ茶です。 また、残留農薬検査でも問題なしと安全性はばっちりです。 また妊婦さんに嬉しい鉄分も含まれているので、便秘解消しながら必要な成分も補えます。

 
 

番外編 サジージュースの特徴

・天然100%の200種類以上の栄養成分
・保存料、香料・着色料不使用
・133万本販売突破
・体感率87%
・国際基準の衛生管理下で加工
・残留農薬検査、放射能検査、清涼飲料水規格試験クリア
・カロリー30ml20?

価格 1,982円
評価 評価4.5
備考 お試し特別価格1,000円
番外編 サジージュースの総評

妊婦さんでも安心して飲める天然100%のサジージュース。便秘解消にプラスして、妊娠中の栄養補給にもおすすめのジュースです。

 

 

妊婦さんにおすすめのお茶1位はすっきり贅沢抹茶です。

 

ここまで、私が妊娠中に便秘解消したお茶を紹介してきましたが、1番おすすめなのは、すっきり贅沢抹茶

 

 

すっきり贅沢抹茶が妊婦さんにおすすめの5つの理由

 
下剤成分ゼロ
実感力が違う
コスパがいい
溶かして飲むだけだから簡単
妊婦さんのための成分がぎゅっと配合

 

 

すっきり贅沢抹茶は、妊婦さんのために考えられたと言っていいほど、成分にこだわり、実感力もあります。

 

下剤成分ゼロなので安心して飲むことができますね。

 

なかなかすっきりできない妊婦さんは一度お試ししてみると、残りのマタニティライフをすっきり過ごすことができるかもしれませんね。

 

 

 

妊娠中のカフェインがNGな理由!母体と胎児が危険!!

妊娠中にカフェインはよくないと聞きますが、どうしてNGなのかはっきり説明できる人は少ないと思いますので、ここで詳しく紹介いたします。

胎児の発育を阻害する

妊娠中にカフェインを取ると胎児の発育を遅らせるリスクがあるとされています。また、大量にカフェインを摂取した場合、カフェイン代謝物資が胎児の脳に蓄積されると専門委員会で言われています。

 

母体の貧血を引き起こす

カフェインを摂りすぎると利尿作用が働き、体内のカルシウムや鉄分が体外へと排出されてしまいます。そのため、母体はカルシウム不足となり貧血を起こしやすくなります。

 

また中期以降は消化器系や胃液の分泌を活発にしてしまうため、胃がもたれたり吐き気、下痢などの症状も起こしかねません。

 

1日のカフェインの目安は?

カフェインの過剰摂取は母体にも胎児にもよくないとされていますが、まったく摂っていけないわけではありません。過剰摂取を控えてどうしても飲みたい方は最小限に抑えましょう。
世界の保健機関や各国の研究結果を総合して考えると、カフェインの1日の摂取量は100mg以内とされています。

 

ですが、やはりリスクを考えると妊娠中はカフェインは我慢して、妊娠中でも飲めるお茶を飲むことをお勧めします。

 

 

参考:2013年スウェーデン・デンマーク・ノルウェー学者論文

2008年イギリス・レスター大学&リーズ大学の論文

 

妊婦さんが飲んでまずい(NG)のお茶とは?

妊娠すると赤ちゃんに悪影響のある成分が含まれているお茶は飲まないようにしたいのですが、実際にどんな成分が危険なのか紹介します。

 

危険な成分

  • センノシド
  • センナ
  • キャンドルブッシュ
  • カフェイン
  • タンニン(カテキン)

 

センノシドは危険な下剤成分

センノシドは大腸に直接働きかけ刺激して無理やり大腸を動かし、収縮と弛緩を繰り返して便を先へと送り出す働きになります。作用が強いので毎日飲むと下痢になったり、腹痛を起こしたりします。

 

また飲み続けていくうちに効き目が弱くなり、どんどん量が増えていき、最後は下剤成分なしでは便が出なくなってしまう危険性もあります。

 

妊婦さんにとってセンノシドは子宮収縮を起こすことで流産や早産の危険があります。

 

参考:国民生活センター

 

 

センナ茶は飲んでもいいの?

妊娠中は飲まないほうがいいお茶です。センナ茶に使われているセンナという植物の葉や果実には「センノシド」という成分が含まれており、子宮の収縮を引き起こし流産や早産のリスクがあります。

 

 

にがりは飲んでも大丈夫?

妊婦さんに必要なミネラルが豊富に含まれておりますので、規定量を守られて摂取してください。但し、妊婦さんがひどい下痢をされますと、流産・早産の原因ともなります。 妊娠中の下痢は腸の運動 を高め、 子宮を刺激して陣痛を誘発し、 流・早産をまねきますので下痢には充分注意されて下さい。   

 

参考:「にがり研究所」